FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【86:0】

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/19(金) 01:13:00
    63 名前:520/テストパターン :03/12/19 01:13 ID:QiJ/cJ+o
    草木も眠る丑三つ時。だが、鬼畜オヤジが徘徊している世界とは別のお話……
    天涯孤独の身でありながら、何の因果か通学先の女性教師五人と同居する羽目になった
    仁歳チトセ。両親の残した唯一の遺産たる庭付き一戸建ての豪邸も、彼女らに
    占領され、あろう事かリビングでの起居を強いられている。今日もソファの上で
    毛布一枚引っ掛けただけで就寝中だ。

    その豪邸の何処かにある漆黒の空間。壁面には松本SFを彷彿とさせるような、得体の
    知れないメーターやランプが所狭しと並んでいる一方、傍らには巨大なニシキヘビが
    蜷局を巻いていて、この部屋の主の不可解な性癖を窺わせる。その主の名は
    二ノ舞きさらぎ。その卓越した頭脳で、かつて世界を征服する野望を抱いていたとされ、
    虫も殺さぬような外見からは思いもよらない危険人物である。

    今日も今日とて研究に勤しむ彼女は、厳重に施錠された保管庫から小型のシャーレを
    取り出すと、電子顕微鏡にセットする。モニタに拡大される得体の知れない人工物の姿を
    観察しているようだ。ところが、突然身体を硬直させるとおもむろに机を離れ、眠りに
    就いている蛇の頭を撫でつつ、独りごちた。
    「数が…足りません……」

    そんな事はつゆ知らず…いや、たとえ知っても関心を示さないのが彼の性分であろうが…
    狭いソファで寝返りも打てず、窮屈そうに寝息を立てるチトセの元に、一人の影が迫る。
    今時珍しく浴衣姿で長い髪を揺らすその長身の女性は、カーペットの月影に自分の姿を
    写しだしながら、少年の足元で立ち止まった。
    「もう、我慢するコトはないのよ。チトセ君……」
    チトセが横たわる姿を注視しながらそう口にすると、帯に手をかけ浴衣をはだけていく。

    誰だよ、うるせぇなあ。何時だと思ってるんだ…… チトセは傍で聞き慣れない衣擦れの
    音がするのに眠りを妨げられ、ご立腹の様子である。やむなく細目を開けると、やよいが
    直立して自分を見下ろしている姿が視界に入る。その姿にはさすがの彼も重い瞼を上げて
    目を見開いた。普段は着衣に包まれた豊かな乳房も、艶めかしい曲線を描く腰回りも、
    淡く茂る陰毛も…全てをさらけ出して微笑みを浮かべているのだ。
    「お目覚めかしら、可愛い坊や」
    「やよい…ママ? あ、あぁあ!?」

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

送信:

【65:0】きさらぎの罠!せまりくる触手

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/10/10(金) 01:33:00
    417 名前:きさらぎの罠!せまりくる触手/334[sage] 投稿日:03/10/10(金) 01:33 ID:3w0+lpYa
    「あの……本当に大丈夫ですよね?」
    「はい。心配しないでください。今すぐ祓いますね。」
    香の匂いが狭い室内に充満する。
    こよみ学園保険医にしてトナミ流17代目、三千院やよいはこうして、祓い物の依頼を受けることもある。
    最も、この仕事は以前お世話になったこよみ神社の宮司から頼まれたモノだが。
    ……気をひきしめなくっちゃね……
    おいてあった愛刀を手にとる。妙に落ち着いた。
    「それでは、これより除礼を行ないます。」
    「は、はぃ……」
    水木しげるのマンガにでてきそうなサラリーマン風の男はうなずき、部屋の隅に下がった。
    彼の家族もそれにならう。
    「では……」
    やよいは刀を置き、祓い棒を構える。
    シ──ン……静寂が空間を支配する。
    その静寂を蹴破ったのはバリバリバリ、というイヤな音だった。
    「こ、これは……」
    「大丈夫です。ただのラップ音ですから!」
    ……………いた!!
    やよいは切っ先を部屋のすみに向けた。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。