FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【100:0】淫夢・微熱にまどろんで

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/03/01(月) 03:49:00
    338 名前:淫夢・微熱にまどろんで :04/03/01 03:49 ID:BozJvzgE
    二人の少女達は素肌を露わにして、バスルームで話し込んでいた。
    「えっと、それでどうやるんですか?ふみつきさん」
    小柄な赤髪の少女、六祭みなづきはいつものポニーテールをほどいた格好で遠慮がちに尋ねかける。
    「ふふっ、慌てなくてもしっかり教えてあげるわよ。そんなに早くオナニーを覚えたいの?」
    少し背の高い黒髪の少女、七転ふみつきはいつもの眼鏡を外してみなづきに悪戯っぽく笑い返した。
    「そ、そんな意地悪言わないで下さい……」
    真っ赤になって俯くみなづきの肩をそっと抱き寄せて囁き掛ける。
    「じっくり覚えていきましょ。時間はたっぷりあるんだから」
    それにしてもここはどこのバスルームなのだろうか?どうも七転家のではない様だ。
    恐らくは八桜家のものでもないだろう。どこのものなのか見当もつかないのだ。
    もっともこの場にいる二人がそんな事に全く頓着していないのも確かではあるのだが。
    「まずは脚を広げちゃいましょうか。そう、両膝を立ててゆっくりとね…」
    ふみつきが手鏡を片手に促すと、みなづきは内股をほどいておずおずと両脚を広げだした。
    当のみなづきすらまともに見ていなかった秘密の部分がふみつきの眼前に晒されていく。
    「意外というかやっぱりというか……あんまり生えてないのね」
    「言わないで下さい…恥ずかしいです……」
    みなづきは恥ずかしがっていたのだが、やや濃い目なふみつきにはそれは憧れの対象といえる。
    しかしそれを口に出して言うのはふみつきの性格上極めて抵抗があった。
    (……ちょっといじめちゃおうかしら)
    だからこそ行動により激しく表れるとも言えるのだが。


    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    [PR]

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。