FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【104:0】目覚め

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/03/26(金) 18:31:00
    415 名前:411/2×9 投下します :04/03/26 18:31 ID:L8W5oGJT
    「はい。少しは・・・・・・・よくなりましたか?」
     淡々とそう言って、きさらぎは、ながつきの額から、濡れたタオルを外した。
    「あ、ありがとう・・・・・・・二ノ舞先生・・・・・・・」 
    放課後の化学準備室で、きさらぎは、ながつきと向かい合って座っていた。
    六時限目の化学の実験中の事。
    例によって例の如くの爆発が上がり、生徒たちが逃げ出す中で、
    ながつきだけが、煙の中に取り残されてしまった。転校してきたばかりの彼女には、
    きさらぎの実験の危険性など知る由もなかったのだ。
    そして、そのままながつきは、訳も分からないまま倒れてしまい・・・・・・
    きさらぎに保護されて、今に至る。
    今日の実験自体は、有毒な物質を扱う訳でもないので、害はない。しかし、どうやらながつきは、
    視界を覆うほどの煙に酔ってしまったらしい。
    「申し訳ありません・・・・・次からは、是非逃げる準備をして下さいね」
    無茶な要望だが、ながつきは素直に頷いた。
    よく見れば、その顔は、火照りで紅く色づき、目元には雫が溜まっている。
    くすり、わずかな笑みがこぼれるのを感じて、きさらぎは動揺した。

    普段は強気で、強情な態度を崩さないのに、いざとなると、押し殺している「子供」の部分を
    曝け出してしまう姿・・・・・・・・誰かに似ている。

    湿ったタオルを濯ぎながら、きさらぎは独り想いを巡らせる。

    「先生?」
    ふと声をかけられて振り向くと、ながつきが潤んだ瞳を向けている。
    しかし、その眼差しは、目上に対するものというよりは、むしろ・・・・・・・・
    「先生ッ!」
    ながつきは、きさらぎの胸に飛び込んだ。その拍子にタオルが床に落ちる。
    ・・・・・・・・その眼差しは、むしろ、淫猥の色を含んでいた。
    「な、がつきさん・・・・・・・・?」
    これには、きさらぎもどうしていいか分からず、とりあえずながつきを抱き寄せるしかなかった。
    そして、ふと気づいた。
    部屋中に充満する、甘ったるい匂いに。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。