FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【133:0】happy,happy,birthday

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/10/11(月) 02:38:00
    250 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:04/10/11(月) 02:38:59 ID:DBfE/Qrx
    633師スズメバチのお礼参り乙
    カンナはいいなあ。誕生日一緒なんだよな・・・。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

コメントの投稿

送信:

【132:0】十月のカンナ・淑女人形

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/10/10(日) 18:27:00
    238 名前:十月のカンナ・淑女人形[633より] 投稿日:04/10/10(日) 18:25:27 ID:nL+h3AXH

    「なになに、十月通販から試供品のご案内……?人形の無料レンタルだって!?」
    ふうーっ、苦労の苦心の甲斐あってやっとここまでこぎ着けましたわ。
    「えーっと、これが人間大チャイナドール“戸名月ミンナVer.2002”っていきなり送りつけてるし……」
    よもやカンナが人形に化けてこの家に入り込むとは、きーちゃんでも予想も想定もしていなかったに違いありませんわ!こうやって宅配便を利用すれば、障害のトラップにも邪魔されずに済みますもの!
    きーちゃんトラップを悠々くぐり抜けた以上、後は目の前にいる彼を捕獲してゲットするだけですわーっ!
    「うーん、誰かに似ている気がするんだよな…そんなのは俺の気のせいかな?」
    ドキッ!さ、流石に彼の直感は油断できなくて侮れませんわ……
    「しかしあれだな。ママ達が一人でも残っていたら何て言われるか分からんよなあ……上手い具合にみんな出掛けてくれたから良かったけど」
    それもそのはず、カンナが戦術とタクテクスの限りを尽くしてママ達を遠ざけたのですから!
    きーちゃん達が帰ってくるまでの二日間、誰にもカンナの邪魔の妨害はさせませんわ!
    「それにしても本物そっくりだよなあ、この人形」
    気付かれてませんわ見破られてませんわ…カンナの擬装は完璧でパーフェクトですわ!
    お~ほっほっほ…なんて今は笑えないのですぅ……
    擬装が完璧過ぎたばっかりにもう三十分ほど自分では指一本動かせないのですわ。
    目の前に彼がいるというのに、捕獲も拘束も出来ないなんて……
    いえいえ、このまま立ったままでいれば彼も油断しきるに違いありませんわ。
    そうしたところをこのチャイナドレスに仕込んだ秘密兵器・シークレットウェポンの数々を運用して駆使しまくれば、カンナの勝利は疑いなし!ですわっ。
    というわけで復活するまで三十分、どうか待っていて下さいまし。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【122:0】オママゴトplaying

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/07/22(木) 20:10:31
    48 名前:411@"ですわ~"[sage] 投稿日:04/07/22(木) 20:10 ID:qqBCVofJ
    「オママゴトplaying」

    布地いっぱいに、自らの体液がとめどなく染みていく。
    まるで彼女の想いの深さを投影するように、広がっていく。
    「・・・・・・・フカク、です、わッ・・・・・・・ひぁあ・・・・・っ!」
    抑えようとしても抑えられない喘ぎに、ほおが染まる。
    濡れた指先は恥毛を掻きわけ、快楽を求めて奥へ奥へと沈んでいく。より深みを抉るたびに、
    ぐちゅぐちゅと大きな音がして、胸が熱くなる。
    「あ、んはぁ・・・・こんなの、ダメぇ・・・・・・・・ひゃぁ、ぁあぁああっ!!」
    ビクン、と身体がえびぞって、オルガズムを迎えた。ドクン、ドクンと脈打ち、汗が一筋、
    ももをつたった。
    「・・・・・・・・・はぁ・・・・・・・・」
    ひいていく快感を後にして、カンナはその瞳を閉じた。


    チトセを掌中におさめたい、と思うあまりの、破天荒な行動の数々。
    仁歳家を偵察し、チトセの姿を覗き見れば見るほど、高まってしまう恋心。
    その手に触れたい。その腰に抱きつきたい。その唇を奪いたい。
    そんな欲望を持ってしまう自分に、少し戸惑うこともある。
    そして、その想いが頂点に達すると、こうして独り慰めてしまうのだった。
    「きーちゃんは・・・・・・・・・ずるいですわ。昔からいつも、いつも・・・・・・・」
    いつもの偵察に行った帰り。カンナは、シャワーを浴びていた。
    今日の仁歳家では、きさらぎがやたらとチトセにまとわりついていたのだった。それは恐らく、
    彼女がカンナの気配を察知したからなのだろう。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。