FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【86:0】

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/19(金) 01:13:00
    63 名前:520/テストパターン :03/12/19 01:13 ID:QiJ/cJ+o
    草木も眠る丑三つ時。だが、鬼畜オヤジが徘徊している世界とは別のお話……
    天涯孤独の身でありながら、何の因果か通学先の女性教師五人と同居する羽目になった
    仁歳チトセ。両親の残した唯一の遺産たる庭付き一戸建ての豪邸も、彼女らに
    占領され、あろう事かリビングでの起居を強いられている。今日もソファの上で
    毛布一枚引っ掛けただけで就寝中だ。

    その豪邸の何処かにある漆黒の空間。壁面には松本SFを彷彿とさせるような、得体の
    知れないメーターやランプが所狭しと並んでいる一方、傍らには巨大なニシキヘビが
    蜷局を巻いていて、この部屋の主の不可解な性癖を窺わせる。その主の名は
    二ノ舞きさらぎ。その卓越した頭脳で、かつて世界を征服する野望を抱いていたとされ、
    虫も殺さぬような外見からは思いもよらない危険人物である。

    今日も今日とて研究に勤しむ彼女は、厳重に施錠された保管庫から小型のシャーレを
    取り出すと、電子顕微鏡にセットする。モニタに拡大される得体の知れない人工物の姿を
    観察しているようだ。ところが、突然身体を硬直させるとおもむろに机を離れ、眠りに
    就いている蛇の頭を撫でつつ、独りごちた。
    「数が…足りません……」

    そんな事はつゆ知らず…いや、たとえ知っても関心を示さないのが彼の性分であろうが…
    狭いソファで寝返りも打てず、窮屈そうに寝息を立てるチトセの元に、一人の影が迫る。
    今時珍しく浴衣姿で長い髪を揺らすその長身の女性は、カーペットの月影に自分の姿を
    写しだしながら、少年の足元で立ち止まった。
    「もう、我慢するコトはないのよ。チトセ君……」
    チトセが横たわる姿を注視しながらそう口にすると、帯に手をかけ浴衣をはだけていく。

    誰だよ、うるせぇなあ。何時だと思ってるんだ…… チトセは傍で聞き慣れない衣擦れの
    音がするのに眠りを妨げられ、ご立腹の様子である。やむなく細目を開けると、やよいが
    直立して自分を見下ろしている姿が視界に入る。その姿にはさすがの彼も重い瞼を上げて
    目を見開いた。普段は着衣に包まれた豊かな乳房も、艶めかしい曲線を描く腰回りも、
    淡く茂る陰毛も…全てをさらけ出して微笑みを浮かべているのだ。
    「お目覚めかしら、可愛い坊や」
    「やよい…ママ? あ、あぁあ!?」

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

コメントの投稿

送信:

【85:0】Pure……(4)

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/16(火) 15:08:00
    48 名前:678 『Pure……(4)』1/8 :03/12/16 15:08 ID:siONNUmW
    ----------------------------------------------------------------
    林の中に落ちた裸の天女は、しばし茫然としていた。

    やがて、彼女はひとまず天界へ帰ろうと考える。
    しかし、幾度試みようとも、輝く肉体は人の跳躍力より上には浮かばなかった。
    羽衣とともに、その神通力もまた失われていた。

    天女は下草の中にへたり込み、そして涙した。
    自分はもう、あの大空には戻れないのだろうか。

    と、傍らの茂みが大きく音を立てる。
    塔より駆けて来た少年の姿が、そこにあった。
    ----------------------------------------------------------------

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【84:0】

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/16(火) 01:08:00
    44 名前:40 :03/12/16 01:08 ID:C5ugMjyU
    最初は凄く嫌いだった…いや殺したいほど憎んでいた
    むつきにママになって貰ったくせに、まったく大事にしていない
    他の、四人のママ達に対してもだ!
    何て贅沢な、そして家族を大事にしない男なんだ!
    最初は、そう思っていた…でも、それは誤解だった…
    彼は、ただ照れていた。そして戸惑っていただけだったのだ
    自分を愛してくれる、そして信頼してくれる家族と云う存在に…
    上海へ帰る前の晩、ようやく仁歳チトセという人間の事が理解できた
    普段はぶっきらぼうで意地っ張りな態度なチトセだったが
    本当は心優しく、それを悟られるのが嫌なだけだった
    そして、家族に何かあれば命がけで守ろうとする男である事を…
    九龍ながつきは、そんなチトセの事が気になってきて仕方がなかった
    それは、彼女自身初めての恋…初恋に他ならなかった

コメントの投稿

送信:

【83:0】快楽の浸食

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/12(金) 11:49:00
    6 名前:678 『快楽の浸食』 :03/12/12 11:49 ID:YURzA6z9
    1本のモンスターに、支配されてしまっている。
    氏より育ちとは言うが……三世院の巫女である自分が、これほど弱い人間だったとは。

    三世院やよいはその日、彼女には珍しく、白衣の前のボタンをぴったりと合わせていた。
    時計にもう1度目をやる。そんな動作には何の意味もないとわかっているのに。
    限界だった――この白衣1枚の下は、荒縄の入念な拘束以外、何も着けていない丸裸なのだ。
    目が羞恥にくらむ。学園でこんな辱めを受けている事が、何か別次元の出来事のように思えた。
    スマートな白衣は一見いつもと同じだ。なのに保健室に集まる生徒の視線が、今日は痛く、熱い。
    レースクイーンなどは、こんな心境でいつも仕事をしているのだろうか。
    立ち上がるのももう、やよいにとっては億劫だった。頭が熱でぼんやりしている。
    てりつける日差しが室温を上げているのは事実だ。でも、それだけでは説明できない。
    おっぱいをくびり出され、充血した乳首は見てわかるまでに白衣をツンッと押し上げていた。
    つっ、と縄が吸収し切れなくなった愛液が、太腿を伝い落ちてゆくのがわかる。
    からだが熱い。汗がもう、止まらない。もしもこの白衣まで汗で透けてしまったら最後だ。
    れっきとした退魔師のやよい。その武器でもある精神力は、今やもろくも崩壊しつつあった……。

       (続かない)

コメントの投稿

送信:

【3:0】HAPPY☆LESSONのエロパロ3時限目

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/12(金) 04:07:00
    1 名前:名無しさん@ピンキー :03/12/12 04:07 ID:M35bKsya
      <スレの掟 by二ノ舞一族>
    ・読参、アニメ、コミック、ゲーム、その他全ての設定を等しく尊重すべし
    ・sage進行を徹底すべし
    ・空気を読むことなくして、他スレ(特に非21禁)に干渉すべからず
    ・神々にも私生活あり、過度の催促は控えるべし
    ・まぁとにかく、小難しいこと考えずにスレを楽しむべし


    ■前スレ
    【閑古鳥】HAPPY☆LESSONのエロパロ2時限目【決別】
    http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1060788442/

    ■過去スレ
    【閑古鳥】HAPPY☆LESSONのエロパロ【覚悟】
    http://www2.bbspink.com/eroparo/kako/1032/10320/1032083008.html

    ■関連スレ
    【いさぎよく】HAPPY☆LESSONの画像【DAT落ち】
    http://pink.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1063836788/
    HAPPY★LESSON ハピレス23時間目
    http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1069507752/
    HAPPY LESSON
    http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1058791453/


    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【82:0】Pure……(3)

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/05(金) 15:34:00
    790 名前:678 『Pure……(3)』1/9[sage] 投稿日:03/12/05(金) 15:34 ID:cxUV8n41
    ----------------------------------------------------------------
    二重の羽衣が、溶け落ちてゆく。
    あたかも炎であぶられたロウのごとくに。

    結わえた紐が真っ先にちぎれ、身体からはがれ落ちる外套。
    縮んで各所に穴をうがたれ、下の雪肌をさらしてゆく衣。

    恐慌と羞恥とで動けない天女。
    必死に隠そうとしても、柔肌は見る間にあらわにされてゆく。
    柔らかな胸も、すべらかな腰も、秘められた全てが。

    ほどなく、なす術ないままに、天女は丸裸に剥き上げられてしまう。
    同時にその身体は力を失い、地上へと落下していった。
    ----------------------------------------------------------------

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【81:0】Pure……(2)

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/05(金) 15:20:00
    782 名前:678 『Pure……(2)』1/7[sage] 投稿日:03/12/05(金) 15:20 ID:cxUV8n41
    ----------------------------------------------------------------
    街でもっとも高い魔術師の塔。

    塔の屋上にてある日、見習いの少年が寝転んでいた。
    そして少年は、はるかなる上空に、天駆ける天女の姿を認める。
    だがその姿は、わずか豆粒の半分ばかりであった。

    師より授けられたばかりの命の次に大切な杖。
    少年は、その杖を一振りした。
    ----------------------------------------------------------------

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【80:0】HAPPY☆LESSON ETUDE 最終章 きさらぎの不覚

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/04(木) 21:28:00
    763 名前:520/ETUDE 第五章[sage] 投稿日:03/12/04(木) 21:28 ID:sHb3Q1KQ
    ついにここまで来たか…… おぼこ娘むつきを羞恥責めで堕とし、ロリ娘うづきの貧相な
    身体を苛め、さつきのゴージャスな肉体を下僕にして、そしてやよいのプライドを
    打ち砕いて豊満な肉体を蹂躙してやったぜ…無傷の四連勝だ。これも俺様の卓越した
    鬼畜理論に裏付けされたテクニックのお陰だろうぜ。

    そして最期に残ったきさらぎも孤立無援…だれも助けちゃくれねえぞ。ネタさえあれば
    確実に追い込んでやるぜ。……だがそのネタが全く手に入る見込みがねえのが困りもんだ。

    「きゃーっ!」
    女学生の悲鳴かぁ? 理科実験室から聞こえてくるって事は、またきさらぎが何か
    やらかしたなぁ……
    「二ノ舞先生、大丈夫ですか? 身体中真っ黒ですよ」
    「実験は失敗です…今日の授業はここで打ち切り、私は体育棟でシャワーでも浴びる事に
    します……」
    「おお、我らのきーちゃんが沐浴!」
    「きーちゃんがその肢体を晒して、その肌に水滴が打ち付けられていく…なんて素晴らしい
    光景なのでしょうぉ」
    「あんた達、私の目を逃れて覗きに行こうなんて考えてはいないでしょうね?」

    くくくっ、こいつは今世紀最大の天佑だぁ。本校舎じゃねえからご自慢の監視システムも
    役に立たねえだろう。能面雌の裸体はどんな表情をしているのか、俺様の目の前で披露して
    貰おうか。早速先回りして準備するぞぉ……

    兄弟よ、シャワールームの天井裏だぁ。この通気口からズームを駆使して、身体中
    余すところなくデジカメに残してやるぞ。……おお、早速きさらぎ先生の登場だぁ。さあ
    バスタオルをはだけて乳や尻を晒しやがれぇ。

    おおっ…こりゃあ凄え、さつきと比べても甲乙付けがたい美巨乳だぁ。これほどの乳を
    していながら、腰回りもモデルの女みてえに細いのも驚異的だな…掴んだらポッキリ
    折れちまいそうだぜ。恥丘を飾る淡い陰毛も、儚げなきさらぎによぉく似合っているぞ。
    尻の方は張りのある乳房とは違って、柔らかそうでタプンタプンしてやがる。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【79:0】

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/04(木) 15:34:52
    759 名前:第一回[sage] 投稿日:03/12/04(木) 15:34 ID:Dfr/fQiZ
    「一文字先生、ちょっとよろしいですか?」
    声をかけてきた主がの堂島だとわかり、むつきの顔はさっと曇った。
    こよみ学園の体育教師、堂島。こよみ学園の中で生徒や同僚の教師たちにもっとも
    嫌われている存在だ。
    男子生徒には体罰と称して暴力をふるい、女子生徒や若い女性教師にはスキンシップと
    称してセクハラを行う。まさに絵に描いたような最低教師である。
    しかし、この学園の理事長の甥という権力がバックにあるため、面と向かってこの男に
    反抗しようとするものはいない。
    むつきもこの男には散々と体を触られまくっていたが、生来の気の弱さもあいまって
    されるがままになっていた。
    「あ……大丈夫ですけど……」
    本当のところは一刻も早く堂島から離れたかったが、むつきは愛想笑いを浮かべながら
    微笑んだ。
    「よかった。実は手伝って欲しい作業があるんですよ。他の先生方が見つからなくて
    ……あ、別に力が要るとかじゃありませんから。急いでやらないといけないのでお願い
    しますよ」
    「はぁ……わかりました」
    普段なら必要以上に体を近づけてくる堂島だったが、今はむつきと適度な距離を保っている。
    そのことから、本当に自分に作業を手伝って欲しいのだろうと、むつきは簡単に信じ込ん
    でしまった。
    「じゃあこっちです」
    そう言うと、堂島は校舎の奥の方へと進んでいく。むつきもその後を追った。
    しばらく歩き、堂島は一つの空き教室の前で止まった。あたりはしんと静まりかえり遠くから
    部活の声が聞こえてくるだけだ。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【78:0】ボクとママとココロの欠片

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/03(水) 10:22:00
    754 名前:きさらぎが受けのシチュエーションを書こうとして[sage] 投稿日:03/12/03(水) 10:22 ID:OPEyNWCc
    「どうでしょうか……自分ではかなり…良い出来だと……思うのですけど……」
    「あ、いや……どうでしょうとか言われても」

     きーママに呼ばれて部屋を訪れたボクの目の前には、むつきママそっくりのナニカが立っていた。
    「あの、きーママ? これって一体、ナニ?」
    「はい……あなたを守ったり……お世話したりするための……アンドロイド……です……」
    「ああ、やっぱり(溜息)。それはそれとして、何でむつきママ? オマケに何も着けてないのはどして」
    「……裸なのは……まだ…最終調整が終わっていないため……です……」
     ハンガーのような物に固定されたそのアンドロイドには、色とりどりのケーブルが繋がっていて、そのケーブルの先は側らのPCに接続されている。
    「……それに、むつきさんだけではなく……他の人に姿を変えることも……可能……です……」
     きーママがキーボードを叩くと、アンドロイドが緑色の光を放ちながら、今度はさつきママそっくりに姿を変えた。
    「うわっ、変わった!」
    「……制御プログラムには……むつきさん……うづきさん……さつきさん……やよいさん……それに私の、五人のマトリクスが組み込んでありますから……姿だけではなく……その性格や技能なども……トレース出来ます……」
    「これって、すでに現代のテクノロジーを遥かに超越してる気が……」
    「いえ、でも……」
     はぁ、ときーママが溜息をつく。
    「……当初の予定では……動力には『ビムラー』を使うつもり、だったのですが……制御がむずかしく……やむなく、『ゲッター線』を……使わざるをえませんでした……この点は……今後の課題…です……」
    「そ、それなら『光子力反応炉』の方が安定してるんじゃ?」
    「いえ、それでは……変形機能の制御が……出来ませんので……」
     つーか、素人のボクが聞いてても、ものすごくヤバげに感じるのは、気のせいですか?

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【77:0】三世院やよい・17歳の真実

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2003/12/01(月) 00:57:00
    748 名前:三世院やよい・17歳の真実(1)[sage] 投稿日:03/12/01(月) 00:57 ID:24bG/YwH
     ボクはもしかしたら、とんでもないものを見てしまったのかもしれない。

     それは赤ちゃんの時のやよいママが、神職姿のご両親に抱かれて一緒に写っている写真。
     アルバムに貼られた写真の側には「やよい 初参りの時」という書き込み。
     そして写真に刻まれた日付は【198X.03.XX】……。



    「マズったわ。まさか家から持ってきた資料に紛れ込んでたなんて」
     頭を抱えてやよいママが溜息を吐く。
    「これって、日付の設定ミスとか、合成とか、それとも実はこの子、やよいママじゃない、なんてこと……」
     ボクの言葉に、やよいママはゆっくりと頭を振る。
    「にわかには信じられないと思うけど……事実なのよね~」
    「それじゃやよいママがよく『17歳でぇ~す(はぁと)』って言ってたのは、冗談でもなんでもなくて」
    「ま、そーゆーこと」
     思わずボクは、やよいママをまじまじと見てしまう。
     僕が聞いていた話だとやよいママの歳は二十代半ば過ぎ。
     確かにその年代よりは若く見えるけど、にしても17歳っていうのは……。
    「で、でもさ、やよいママって医大卒で学園に勤めてからも三年たってるんでしょ?
     いくらなんでも有り得ないよ。そもそも17歳じゃ大学にも入れてもらえないんじゃないかと思うんだけど」
    「……わかったわ。今から説明してあげる。ただ~し! このことは他言無用ですからね」

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。