FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【99:0】

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/02/14(土) 23:06:00
    281 名前:134/Fateが止められない :04/02/14 23:06 ID:dMwi2F5O
    「あの……これ、むつきの気持ちです」
    「ハーイ、チョコレート~~~☆ うづきからのプレゼントだよ♪」
    「オ、オウ、ちょうど良かった。きょ、今日はバレンタインだからよ、ここは一つママとしてだな……」
    「はい、チョコレート。食べた後はちゃんと歯磨きなさいね」

    2月14日。
    聖バレンタインDay。
    故郷である師走町で暮らすまでは、ボクもこのテの恩恵にあずかることは無かった。
    でも例年とは違って今年は、出かける前の玄関や、出会い頭の廊下、昼休みの保健室でママ、もとい先生達からチョコを渡されることとなった。
    だから、夜きさらぎママの部屋に呼ばれた時も、当然のようにバレンタインチョコだと思っていたんだ。
    その予想は決して外れていたわけじゃないんだけど……。

    http://pink.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1063836788/603

    目の前にはリボンだけで着飾られた、きさらぎママ。
    そして突き出されたのは、先端をハート型のチョコで覆った剥き出しの乳房。
    つまり、それはオッパイを……。
    「そんな、きさらぎママいいの?」
    本当は嬉しいくせに、心にもないことを訊く。
    対して、きさらぎママは少しの沈黙の後、頬を染めてこう答えてくれた。
    「はい。貴方のために用意したんですから……」
    それに込められた意味を知って、ボクはゆっくりとママの胸元へ唇を寄せた―――。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

送信:

【98:0】チトセの受難~はづきの場合

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/02/14(土) 08:14:00
    269 名前:520/チトセの受難~はづきの場合 01/20 :04/02/14 08:14 ID:GRNrAlRX
    空を見上げれば満天の星空と三日月。周りには誰一人いない静寂の中、微かに
    硫黄の臭いを含む湯煙が、日常の喧噪にくたびれた少年の身体を癒すかのようだ。
    ここは山奥の萎びた露天風呂。イベントやお祭り騒ぎが三度の飯より大好きな
    ママ五人衆がはづきとみなの姉妹と共に、チトセを引きずって連れてきたのだ。

    無論彼が危惧したとおりに、宴会部屋を丸ごと借り切っての乱痴気騒ぎが
    行われたのは言うまでもない。
    はづきの音頭と共に始まった饗宴は、みなへの遠慮もあって暫くはつつがなく
    進行したが、彼女が眠りに就くと各自豹変したかのように杯を重ね、チトセに
    絡み始めたのだった。
    胸元に頭を引き寄せ豊満な乳房の餌食にしたり、背後から抱きついて身体中を
    撫で回したり、さらには上目遣いですり寄って囁くようにお説教を加えたりと、
    およそ聖職にあるとは思えない振る舞いに、チトセは振り回されるのみだ。
    他の生徒が話を聞けば垂涎の状況に違いないが、愛情表現に慣れていない彼に
    とってはそうした直接的なスキンシップは苦痛ですらあった。……注射針を
    首筋に突きつけられたり、得物を振り回されたりするのは誰彼を問わず恐怖を
    もたらすのだろうが。

    だが、そんな賑やかな宴にも幕が下ろされる。散々少年を玩具にしておきながら、
    騒ぎ疲れた女狐どもは彼を尻目に畳の上で寝息を立ててしまう。
    さすがに放置するわけにもいかないチトセは、息を切らして大トラたちを
    一人一人部屋まで背負って布団に寝かし付けたのだった。
    そこで身体に滴る汗を流すべく、風呂に繰り出した次第である。

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【97:0】二月のきさらぎ・奴隷調教

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2004/02/02(月) 18:48:00
    240 名前:二月のきさらぎ・奴隷調教 :04/02/02 18:48 ID:oWzUIOXw
    ここはこよみ学園の化学室。今日の授業を終えてから数時間経っています。
    だと言うのに今私の目の前には六人の男子生徒が集っているのです。
    「それじゃ、いつも通りにやってもらうぜ」
    このリーダー格の男子の口調が横柄なのは、私の弱みを握っているからに他なりません。
    この六人は親族がわが校の理事会の中でも中核メンバーであるのをいい事に、校内でも我が物顔に振る舞い、それを誰も止めようとはしません。
    いえ、いないでもないのですが、制止した者が逆に圧力をかけられる状態ではどうしようもないのです。
    そんな彼等に誰かが自分を慰めている有様を密かにビデオに撮られてしまったら……
    間違いなくこの映像を楯に性奴隷として調教されてしまう事でしょう。
    ……この数日間の私の様に。


    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。