FC2ブログ

閑古鳥の巣

目次


【:-】スポンサーサイト

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

【161:2】ふーみんの鬼は外 ―完結編―

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2006/02/08(水) 22:30:06
    155 名前:ふーみんの鬼は外 ―完結編― (まえがき)[sage] 投稿日:2006/02/08(水) 22:30:06 ID:WECCCwZa

    「ふみつきです…集計の結果…1が1票、2が2票、その他2票。ちなみにその他は有効票にはなりません。
     民主主義の結果、2に決定いたしました…」

    「ふみつきです…いいんです…これも民主主義の結果として受け止める事にします…
     作者が分析するには1は結論が読まれていると思っている所があったそうです…
     次は選んでもらえるように…内容を工夫したいと思います…」

    「ふみつきです…それでは"ふーみんの鬼は外 ―完結編―" 見たい方のみ閲覧下さい。
     ふみつきです…ふみつきです…ふみつきです…」

    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

送信:

【160:0】ふーみんの鬼は外(番外)

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2006/02/05(日) 21:21:39
    154 名前:ふーみんの鬼は外(番外)[sage] 投稿日:2006/02/05(日) 21:21:39 ID:Y6YFAvum
    >149
    有難うございます。ちなみに脳年齢はいまだ40代。

    >150>151>152
    水曜日の22:00:00で締め切って、多かった方を投下します。
    と言う事で「ふーみんの鬼は外 ―完結編―」は2月8日(水)投下予定。


    >153 そんなあなたの為に即興で番外編

    とっさの状況にどうしていいのかわからないチトセ、だがそこに救世主が
    「き、きさらぎママ…!!」

    きさらぎは、胸のポケットからなにやら道具を取り出した。
    「…コピー○ボット…」
    「きさらぎママ。これ見たことあるぜ!!鼻の所押すんだよな!」

    きさらぎの出した道具を半ば強引に取りスイッチを押した。するとチトセのコピーが目の前に現れた。
    「よし、お前は委員長の解放を頼む!」
    チトセはそう言って、すぐにむつきを追っていった。
    「…待って…チトセ…さん…これには、重大な欠点が…」
    むつきを追うチトセにはきさらぎの忠告が聞こえていなかった。


    「あぁー助かった」
    家に戻ったチトセは何とかむつきの説得に成功し、事なきを得た。
    ふみつきの方はコピーロボッドに任せてあるし、きさらぎママが後処理もしてくれているだろう
    チトセは、今日一日の疲れを癒そうと、風呂に入る為、脱衣所へと向かっていた。

    「さぁー一番風呂だ」
    チトセが風呂に入ろうとした瞬間!!ズドンという衝撃がチトセの背中を襲った。

    「…なっ!!」
    チトセの後ろに居たのはチトセのクローンだった。クローンはチトセを背中からブスリとナイフを突き刺していた

    「今から俺が”仁歳チトセ”として生きてやるよ。あばよ。本物さん…」
    チトセを冷たい感触が襲う。意識が無くなってゆく…そしてチトセは…

    「…間に合いませんでした…チトセ…さん…
     このコピー○ボットは、元に戻す方法が無い欠陥品だと…言う前に…むつきさんの元へ言ってしまうから…」
    きさらぎの説明も後の祭りだった。だが、仁歳家はその後もいつも通りの家庭が続くのであった。
    ただ、唯一の違いはチトセがチトセと入れ替わってしまった事と、その事を知っているのがきさらぎだけだと言う事だ。

    = BAD END =

コメントの投稿

送信:

【159:0】ふーみんの鬼は外 ―激動編―

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2006/02/03(金) 21:16:21
    141 名前:ふーみんの鬼は外 ―激動編― (1)[sage] 投稿日:2006/02/03(金) 21:16:21 ID:7ur2/IG5

    今日は節分。外を見渡すと、豆の入った袋を振り回しながら、元気に学校へと向かっていく
    子供たちの姿がある。
    外は雨。昨日はあんなに晴れていたのに、今日は一転した天気模様だ。
    まるで、ふみつきの心の涙が雨となって降り続いているかのようだ。
    その日、赤鬼になったふみつきは、まるで昨日の事など忘れてしまったかのような
    軽い足取りで学校へと向かうのであった。

    今日もいつも通りの時間に学校へと登校する。まだ人がまばらの教室を見渡すと
    仁歳チトセが既に登校している。やはり昨日の事を気にしているのか?
    ふみつきはチトセに近づき、そっと耳打ちをする。
    「…放課後、文芸部の部室に1人で来て…」


    放課後…チトセは1人、ふみつきがいるであろう文芸部の部室へと向かっていた。
    今日の授業中にふみつきが話しかけてくることは無かった。わざとらしく居眠りもしてみたが、
    いつものように注意するのではなく、全くの無視で会話が発生する事は無かった。

    ガラッ…
    チトセは無言で部室のドアを開ける。部室を見渡すが誰もいない。
    ひょっとして奥にいるのかと、奥に向かって歩き出した途端、入り口のドアが閉まる音が聞こえた。
    チトセが後ろを振り返ると、そこには赤鬼コスプレ衣装に身を包んだふみつきの姿があった。

    「委員長!?お前、その格好…」
    「仁歳君…悪い子は鬼にお仕置きされるのよ…」
    「お前、何言って…っイテッ!」
    ふみつきはあらかじめ用意しておいた棍棒でチトセを殴りつける。
    もちろん棍棒といっても、ダンボールで作ったモノなので殺傷能力は全く無い。
    3回ほど殴りつけると、既に凹んでしまって、すぐに使い物にならなくなった。


    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:

【158:0】ふーみんの鬼は外 ―発端編―

  1. 名前:名無しさん@閑古鳥 2006/02/03(金) 12:21:27
    131 名前:はじめにお読みください[sage] 投稿日:2006/02/02(木) 00:05:15 ID:Tz9UrMlw

    = 注意 =

    このSSは最近掲載されている作品とは、少し傾向が異なります。
    純愛モノ以外は受け付けないという方とふみつき萌えの激しい方は閲覧を控えるようお願いいたします。


    132 名前:ふーみんの鬼は外 ―発端編― (まえがき)[sage] 投稿日:2006/02/02(木) 00:07:43 ID:Tz9UrMlw

    「ふみつきです…最初の設定では、お堅い少女だったはずなのに、気がつけば
     妄想癖の強いちょっと危ない女にされていました…」
    「ふみつきです…そんな設定の変更にもめげず、好きな男の人に告白したら、
    どこからか電撃が飛んできてなかった事にされた事があります…」
    「ふみつきです…懲りずにその人にアタックしようとしていたら、いつの間にかレズ路線に
     引き込まれそうになった事もあります…」
    「ふみつきです…それでも、最後にはその人にクラスのみんなの前で告白したら、
     後日、あっさりと振られてしまいました…」
    「ふみつきです…昔は一文字先生と見た目が被ってるとか一時期言われていたのに、
    このSSスレではものすごい差を感じています…」
    「ふみつきです…その一文字先生のSSは純愛ものを中心に幅広くあるのに、私はもっぱら
     汚れ役的な位置付けにされているのが多いような気がするのはアニメの影響からでしょうか?」
    「ふみつきです…ふと気になって、過去ログを読んでいたら、私がSSの中に出ていたのは昨年の
     3月26日でした。…ほぼ一年、存在すら消されていたような気がします…」
    「ふみつきです…ふと気になって、他のサイトで掲載されていたSSも読み返してみましたが、
     そこでも扱いは空気みたいな感じでした…」
    「ふみつきです…そもそもこれが、いわゆる"前書き"だと気づいている人は多分居ないと思うんです…
     ふみつきです…ふみつきです…ふみつきです………」


    (省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

コメントの投稿

送信:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。