FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-124.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-122.html

[PR] [PR]


深夜の戯れ

  1. 名無しさん@閑古鳥 2004/07/28(水) 02:13:00
    61 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:13 ID:FDz/K5Bf

     
     深夜。
     ここは千歳家の居間。この家の家主(最近忘れられがちだが)である千歳チトセは、居間にあるソファーに寝ていた。
     が、ふと息苦しさを感じて目が覚めた。
     まあ心当たりがあるので慌てず騒がず冷静に自分の横を見る。
     案の定、自称チトセの母親……である五人のうちの一人、五箇条さつきが彼の体を拘束していた。ありていに言えば抱き枕にしていたわけだ。
     つい溜息が出る。
    (まーた寝惚けてやがる。おおかた、トイレに行ってそのまま自分の部屋に戻るのがめんどくなったってトコだろーが…こう毎日続くとなあ)
     そこまで考えてチトセは視線を少し下げる。
     見るとさつきの豊満な胸が腕に当たっている。
    (毎日毎日過度のスキンシップで慣れているとはいえ、暗闇だとミョーに意識しちまうな)
     なんとなく悪戯心が芽生えて、何とか動く左手できさらぎの胸を掴んだ。そのままムニムニと揉む。
    (って、ナニやってんだ俺は!?これじゃ母親にイタズラしてるエロガキじゃねえか!……あ、実の母子じゃないのか。ってそーゆー問題じゃ無いだろ!)
     自分の行動に驚き、一人ボケ突っ込みをするチトセ。彼も結構寝惚けているのだろうか。
    (そういや、さつきママってバストのサイズいくつだ?確実にうづきママよかでかいだろうが……かといってやよいママ程では無いよな)
     この家で最もグラマーなやよいに勝てる者など滅多にいないだろう。あのはづきとて彼女には及ばないのである。
    (でも、むつきママときさらぎママに比べるとけかなり大きいよな。ってことは実質我が家の№2ってわけか)
     そこまで考えて、チトセは自分の身体に異変が起きていることに気が付いた。
     アホなを考えたためか、それとも密着したさつきの身体の感触のせいか、チトセの下半身が臨戦態勢を整えてしまっていた。
     
    62 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:14 ID:FDz/K5Bf
     
     普段のチトセなら「うわ、やべぇ」と言って早々にさつきの腕を抜けて退避するのだが、今回の彼はそれをしなかった。
     チトセの頭は先程の桃色思考をそのまま継続していたのだ。
    (ま、いつも逆セクハラされてるし、いい加減発散してもバチは当たらないよな?)
     誰に言い訳しているのだろうか。
    (……………………やるか)
     掴んだままだったさつきの胸を再び揉みだす。
     ちなみに、チトセは今回はイタズラするだけに留めるつもりだ。こういった経験が全く無いため性知識は豊富とは言えないので、最後まで突っ走る気は無いのだ。
     男としての拘りというか、やはり最初だからといって「お姉さんにおまかせ」というのは勘弁だった。
     


    63 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:14 ID:FDz/K5Bf

     さつきの胸を揉み、乳首を弄るチトセ。
    「……ん…」
     身じろぎをするも、一向に起きる気配の無いさつき。
     このままでは『イタズラ』ではなく本当にただの悪戯に終わってしまうので、チトセはさつきを起こすことにした。
    「おーい、さつきママ。起きろって」
     他のママが起きて来てはマズいので小声だ。だが同時に身体を揺さぶっているので、さつきの目を開かせるのには成功した。
    「…んあ?……チトセ…?」
     ぼーっとした顔でチトセを見、キョロキョロと周囲を見渡すさつき。次いで、自分の胸に視線を落とす。
    「…………」
     そのまましばし停止。
    「………………~!?っんな、何してやがんだお前!?」
     ようやく現状が認識できたのか、チトセに巻き付けていた腕を離し後ろへ退がろううとするさつきだったが、チトセはその腕を掴み彼女の身体を引き戻した。
     そうすると当然チトセがさつきを抱き締めているような格好になり、顔を真っ赤にして慌てるさつき。

    64 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:15 ID:FDz/K5Bf
    「な、な、な…」
     そんなさつきの耳元でチトセは呟く。
    「何って、ナニ……って古いか」
    「~~~~~~!?」
    「あー、そんな錯乱するなって。さつきママにはちょっと協力して貰おうと思ってな」
    「きょ、協力?」
    「ああ」
     そう言ってさつきの手を取り、自分の股間へ導くチトセ。
    「~~~!?」 
     当然のように驚くさつき。
     対するチトセは冷静だ。 
    「さつきママのせいでこんなんになっちまってさ。…鎮めて欲しいんだ」
    「お、お前、チトセ、何言って…」
    「俺もさつきママが気持ちよくなるように努力するからさ」
     そう言いながらさつきの胸を先程よりも強く揉む。
    「ひやぁ!?」
    「だからさ、手でシゴいてくれよ、さつきママ」
    「…んなこと、できるわけ―――」
     

       「頼むよ、『ママ』」



    65 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:15 ID:FDz/K5Bf


    「…んん……う…く、ひぃ……」
    「……う…。気持ちいいよ、さつきママ…」
     さつきに手コキさせながら、彼女の右胸の乳首を吸い、余った左の乳房を捏ね繰り回すチトセ。膝はさつきの股に擦り付ける。
    「さつきママさ、もしかして処女か?」
    「…んぅィ……な、何でだよ…んく…っ」 
    「いや、だってなんか初々しいっていうか」
     そう言ってさつきの唇を貪る。
    「ん…むう、……っぷは…。そ、そうだよ、悪いかよ」
    「んや、むしろ嬉しいね。他の男にさつきママの身体を触らせるのなんてムカつくしな」
     そのままさつきの下半身に手を伸ばす。
    「…っ。お前はまた…そういうコトを言って……ん、く…」



    66 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:15 ID:FDz/K5Bf

    「…さつきママ、そろそろ…」
    「…あ、ぅ…お、オレも、一緒に」
    「ああ……じゃ、射精すよ」
    「ん、く…うう………――――――!」
    「くっ…!」


    「さつきママ、何してんだよ、手に付いた精液なんか見て」
    「え、あ、いや…。……その、どうせだったらオレの、えっと、使っても…」
    「…………そんなこと言うと終いにゃ孕ませるぞ?」
    「母親にあんなコトさせといて、今更何言ってんだ」
    「…さつきママ。……したい?」
    「…………ああ」



    67 名前:深夜の戯れ[] 投稿日:04/07/28(水) 02:15 ID:FDz/K5Bf

     それから暫くの間、学校でのさつきの授業は自習が続いたとか続かなかったとか。
     
     
     更に二週間後には残りの三人のママの授業も自習が目立つようになり、保健室は昼休みになるとある一人の生徒の貸切になったとか。

     
     更に更に一ヶ月後には学校の下校時間にチトセとある下級生が頻繁にラボホテルに出入りするようになったり、とある人気シンガーに恋人がいると報道されたとかなんとか。


    「日本に来るのも久しぶりだな。むつきママ、元気かな。……それに、チトセも」
    「ふふふふふ…。今度こそ、きーちゃんをギャフンと言わせて、チトセさんをゲットしてみせますわ~」
     チャイナの似合う男装の麗人とマッド眼鏡が新たに犠牲になるためにのこのことやって来てたり。
    スポンサーサイト
    [PR]

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2004/07/28(水) 02:13:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/123-3c1ebe74
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-124.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-122.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。