FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-143.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-141.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2005/03/04(金) 18:13:34
    411 名前:神光臨を期待して@411[sage] 投稿日:05/03/04(金) 18:13:34 ID:3ho/skmo
    シーツに落ちる、しなやかな髪の毛。ほほを撫でる細い指。
    うっとりとした表情は間近まで迫り、視線は絡み合って離れない。
    「・・・・・・なんでぇ?」
    うづきは不満そうにため息を漏らす。
    それというのも、今の状況。
    ソファの上に絡み合う二人の人影・・・むつきと、うづき。
    その体制はむつきが上でうづきが下。
    つまりむつき×うづき、普段と攻守が逆転した体制。
    それがうづきの気に食わない点である。

    「うづきさんって・・・ちいさくてかわい~ですねぇ・・・」
    ふふふとブキミに笑いながら、むつきが、うづきの、ない胸を揉みしだく。
    だが、ふにふにと柔らかい二つのふくらみは、手の中にすっぽり収まってちょうどいい。
    「ふにゃぁ・・・むつきちゃんっ、そんなに強くっ、しないでェ・・・」
    「え? 何のことですか?」
    言いながらむつきは、シャツにくっきりと浮かび上がる乳輪をなぞり、微笑む。
    「だ、だからぁっ、うづきの、おっ、・・・そこを、しちゃ、だめ・・・っ」
    それを言うことがどれだけ恥ずかしいか、むつきは分かっていて問うのだろうか。
    今まで自分のした事が、逆になされているのだから、うづきの羞恥心は計り知れない。
    「困りますよ~、主語・述語は明確にしてください」
    「やぁあっ! そんなぁっ・・・」
    白い指がふくらみをわしづかんで、絶妙のタイミングで力を抜く。と、うづきに残るのは虚無感だけ。
    もっと抉って欲しいと願う想いだけが取り残される。
    「ほしいんでしょう? そうですよね?」
    「んっ・・・・・・、ほ、ほしいよぉ・・・。うづきの中に、いれてぇ・・・っ」
    醜態を曝すその言葉が、自然と口を突いて出た。
    「はい、よくできましたぁ。えへへ・・・うづきさん、かぁいい~ですねぇ~」
    「ちょっ、酒くさッ・・・っひにゃぁぁ!!」
    二度と晩酌なんてしない。うづきはそう心に誓った。
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2005/03/04(金) 18:13:34
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/142-2b1f5920
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-143.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-141.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。