FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-157.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-155.html

[PR] [PR]


HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL

  1. 名無しさん@閑古鳥 2005/09/15(木) 13:33:12
    44 名前:HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL[sage633より] 投稿日:2005/09/15(木) 13:33:12 ID:kv0MkiOH
    <Festival.17>

    真夏の有坂家での昼食に素麺が出るのは、普通の家庭となんら変わる事は無い。
    もっとも普通の家庭では一人前の食器に女性の裸体を二つも使ったりはしないのだが。
    「七転さんまでやる事はないんですよ?」
    「大丈夫ですよ。一文字先生が一人でやるのは大変でしょ?」
    にこやかに火花を散らす二人にススムは困惑していた。
    (むつきママが食器を壊しまくったからといって食器代わりになれだなんて……)
    留守にしている残り四人のママ達に内心で毒づきながら、目の前の「ご馳走」に向き直る。
    最初は水着姿でやるはずだったのが、ふみつきが自分もやると言い張り、むつきも対抗意識を燃やした結果ご覧のとおりの艶姿と相成ったわけだ。
    ところでススムの前には箸など置かれてはいない。礼儀に反するからだ。(そうか?)
    (やよいママったら…口で食べるのが礼儀だなんて凄く危ない光景なんだけど……)
    「ススムさん、早くしないと伸びちゃいますよ」
    「有坂君、早く来なさいよ。ずっとこの格好って結構辛いのよ」
    思い切って一声発すると、ススムは猛然と昼餉に取り掛かった。
    「いただきますっ」

    「ひゃあん!ススムさん、くすぐったいですぅ!」
    「あ、有坂君、そ…そんな所を舐めるなんて不潔よぉ!」
    二人の叫びにススムは止まるどころかますますテンションを上げていった。
    瞬く間に食事が終わると、後にはむつきのたおやかな肢体とふみつきの瑞々しい肢体が残された。
    不意に三人の視線が交錯し合う。期待と不安に震えつつ、一同は固唾を呑んだ。
    「いただきます」
    改めてススムは宣言すると、二人の「ご馳走」に取り掛かった。
    45 名前:HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL[sageお久しぶりです] 投稿日:2005/09/15(木) 13:34:42 ID:kv0MkiOH
    <Festival.36>

    「覗き見は良くないわよ、みなづきちゃん?」
    含み笑いと共に指をクレバスに滑り込ませると、みなづきの可憐な唇から悲鳴じみた嬌声が上がった。
    「ご、ごめんなさ…きゃうっ!」
    ここはやよいの私室。つい先程までここでやよいはマコトと褥を共にしていたのだ。
    それがただの添い寝ではない事は、二人とも何も身に付けてはいない一事からも明らかであった。
    今ここではみなづきだけがピンクのパジャマを身に付けていたのだが、やよいとマコトの手によってかなりの部分がはだけられていた。残りも間もなく剥ぎ取られてしまう事だろう。
    「そう言わないでよ、やよいママ。せっかくだからみなも仲間に入れてあげようじゃない」
    囁きながらマコトは後ろからみなづきのパジャマを脱がせていき、護るものの無くなった幼い肢体-とりわけようやく膨らみ出した乳房やぷっくりした乳首-を掌で撫で回していった。
    「やだお兄ちゃん…脱がせちゃダメェ……!」
    「可愛いわ…二年前の私を見ているみたい……」
    やよいの戯言に耳を貸している余裕などみなづきにはすでにない。
    「ゆ、許してください……!」
    「ダメよ。お仕置きしてあげる」
    艶然と微笑みながら、やよいは黒い何かを取り出してみなづきの目の前にちらつかせてみせた。
    「や、やよいママ…これってまさか……!?」
    革のベルトの付いた張り型を指差して、マコトの目は点になってしまっていた。
    サイズはマコトのそれよりは遥かに小さかったのだが、それ以前にこれをどう使おうと言うのだろうか?
    「本当はマコト君を歓ばせる為に入手したんだけれど……」
    (や、やっぱり)
    慌てるマコトを横目にやよいは猥褻な道具を自らに装着すると、それを誇示するかのようにみなづきに向き直った。同時に撫でていくように視線を少女に走らせる。
    「あっ、いやんっ……!」
    やよいに再び乙女の花弁を弄られ、みなづきは堪らず声を上げた。
    「こっちは勘弁してあげる。ここはマコト君のものだものね」
    「やよいママ…こ、こっちは……!?」
    みなづきが慌てたのも無理は無い。アヌスの蕾をまさぐられる事など想像の外だったのだから。
    「みなづきちゃん、教えてあげる…マコト君も"勉強"したコト、ちゃんと教えてあげるのよ?」
    訳の分からない震えがみなづきの全身を這い回る。それが恐怖から来るものなのか、それとも期待からなのか、初心な少女には既に区別できなくなっていた。

    46 名前:HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL[sage色々あってへこんでますが] 投稿日:2005/09/15(木) 13:35:51 ID:kv0MkiOH
    <Festival.45>

    放課後のこよみ学園。傾いた日差しがさつきの裸身を茜く染め上げていた。
    「…なあもういいだろ、うづき?こんだけスケッチすりゃ十分じゃねえか」
    「ま~だ!鉄板レースだなんて…おこづかい全部注ぎ込んだんだから」
    「ぜ、全部スッちまったのは謝るからさ…なっ、出力上げるな……あぐうっ!」
    うづきの損失補填の為にヌードモデルになったさつきであったが、縛り上げられた上に電源の入ったバイブレーターをも前から後から二時間続けて挿入されていては、さすがに音を上げずにはいられなかった。
    白い乳房は赤みを帯びてしっとりと汗ばみ、内股には蕩けた膣奥からこぼれた女性のしずくが幾筋も垂れてしまっている。尖りきった乳首は誰かの刺激を待ち望んでいるようだった。
    今やさつきの健康美は妖艶さに取って代わられてしまっていたのだ。
    スケッチを繰り返すうちにうづきの眼差しがみるみるうちに潤んでいく。
    それを見て取ったさつきの唇が誘惑の言葉を紡ぎ出す。
    「なあうづき、おまえも入れてみろよ。もう一セット、持ってるんだろ?」
    微かに震えつつ目を見開いたうづきに、さつきはさらに誘いを掛ける。
    「前から後ろからビンビンきちまってるんだぜ……ずっとこうしていたいぐらい気持ちいいんだ……」
    「さ…さつきちゃん?」
    「こいつがおまえの可愛いピンク色したおまんこにズブリズブリと沈んでいくのを想像しただけで……」
    「や…やだ、さつきちゃん…そんなこと言われたらうづき、おかしくなっちゃうよぉ……」
    さっきまで心持開いていた筈のうづきの両脚はピタリと閉じてしまっている。
    けれども良く見てみると、モゾモゾと太ももを擦り合わせているのが丸判りだった。
    (もう一押しだな…うづき、おまえも堕ちちまえよ)
    ほくそ笑みつつ囁くさつき。その表情はいつになく艶かしい。
    「う・づ・き?」
    暗示にでもかけられたかのように、うづきの唇から熱い吐息が漏れる。
    「さつきちゃん…うづき、しちゃう…入れちゃう…いいでしょ?」
    「それなら思いっきり脚広げてみな…ほら、でっかいシミが出来てるじゃねえか」
    「やだぁ…さつきちゃんの意地悪……」
    真っ赤な表情で横を向きながら、うづきは純白のパンティーに手を掛けてするりと脱ぎ下ろした。
    「見せてみな…うづきのかわいい花びら……」
    「うん……」
    さつきに促されるまま、うづきの白くしなやかな指先は蜜に塗れた桃色の花園をさらけ出した。
    バイブを待ちきれず、幼さを残した女性の泉にその指を這わせていく。
    「あーん、すごいよお…うづき、イっちゃう……!」
    「ひとりでイク奴があるかよ……ほら、入れちまえよ」
    「う…ん、たまんない……一緒にイこっ、さつきちゃん…!」
    「まだまだ、もっと乱れてみせな……」

    放課後のこよみ学園。傾いた日差しが快感に酔った二人の裸身を茜く染め上げていた。

    47 名前:HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL[sage取りあえず言わせて下さい] 投稿日:2005/09/15(木) 13:37:04 ID:kv0MkiOH
    <Festival.801>

    「あ、有坂…お前、何しやがんだよっ!」
    「こんな状況でズボンを下ろされて何しやがるもないだろうに」
    くっくっと笑いながらススムはチトセの水色のトランクスに手をかけた。
    「やめろ、やめてくれぇ!」
    必死に抵抗を試みたものの、マコトに羽交い絞めにされたままではどうする事も出来ず、とうとう下半身を丸出しにされてしまった。
    「何縮まっているんだ?こないだトイレで見た時はこんなもんじゃなかったろうが」
    「仁歳だけフルチンじゃアレだろう。有坂、俺のも頼むわ」
    呆れるススムにマコトが助け舟を出した。チトセにはちっとも有難くは無かったが。
    「それじゃ仁歳のをしゃぶりながらやってやるよ」
    ススムは右手だけでゆっくりとマコトの下半身を丸裸にしていった。
    同時に左手と口とでチトセの逸物を弄びながら、反応を確かめる。
    「有坂、やめろ……こんなの変だぞ!」
    ススムが何か言おうとしたのか一旦口を離すと、マコトは口笛を吹き鳴らした。
    「すっげえ…こんなにデカイのかよ!」
    ススムの舌使いで縮こまっていたはずのチトセの逸物が生気を漲らせ、天を指していきり立っていたのだ。
    「参ったな、これじゃ先っぽしか咥えられないぞ」
    しばらく見とれていたススムは困ったように言いながら、それでも嬉しそうに再び咥え込んだ。
    「いいなあお前、仁歳のブツを咥え込めるのかよ」
    「お前だって仁歳とヤれるんだろ?ほれ、できたぞ」
    「……!!!」
    チトセが仰天したのも無理は無い。先程のマコトとススムのやり取りからはチトセが楽観できる要素など全く見つけられるはずも無かった上に、マコトのいきり立った馬根が剥き出しになってチトセのヒップに押し当てられてしまったからだ。
    それはチトセが最も恐れていた事態が目前に迫っていたことを意味する。
    「いい加減にしろ、てめえらぁ!!」
    渾身の力で右足を蹴り上げるのを見計らい、ススムは足首を掴んで斜め上に持ち上げた。
    「よいしょっと…こんなもんかな」
    「こ、こんなもんかなじゃねえ!」
    大股を広げた形にされたチトセの絶叫に苦笑しながらも、マコトは自分の肉凶器をチトセの窄まりにあてがっていく。
    下半身だけではスムーズに事は運ばなかったが、チトセには既に抗う手段は残されていないのだ。
    (しかもこいつ、勃起したままじゃないか……)
    ススムもマコトも確信していた。間もなくチトセも禁断の深淵に堕ちていく事を。
    それが証拠に喚きながらもチトセの秘門はすんなりとマコトを受け入れているではないか。
    「は、離しやがれ!この鬼畜野郎共が……あっ、ぐうっ…!!」

    (へっ…こんなんじゃ鬼畜の内には入らねえよ…待ってな、本当の鬼畜を俺様が教えてやるからさ……)
    三人ともまだ気付いていなかった。ジャージ姿の不気味な男が、少年達を我が物にすべく怪しく目を光らせていた事を。

    48 名前:HAPPY☆LESSON THE FESTIVAL[sage「ただいま」って。] 投稿日:2005/09/15(木) 13:38:04 ID:kv0MkiOH
    如何でしたでしょうか?これらのSSはHAPPY☆LESSONの持つ無限の可能性のほんの一部分に過ぎません。皆様の中にもまだ語られていない物語が可能性として眠っている筈です。
    願わくはこれからその可能性が広がっていきますように……
    ふふっ、それを実現させるのは今これを読んでいる貴方かも知れませんね。

    「マリちゃん、口がお留守になってるわよ」
    「スイマセン友引社長、ムグッ…アムッ……!」

    それでは皆様、今日のところはこの辺で。
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2005/09/15(木) 13:33:12
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/156-5412f9ad
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-157.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-155.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。