FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-22.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-20.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/06/06(金) 11:47:00
    446 名前:134/最近寝不足[sage] 投稿日:03/06/06(金) 11:47 ID:62/qa/KK
    >>444
     意識が一瞬だけ飛びそうになって、それでもススムは相手を見据える。
     今この家にいるのは、七転ふみつきただ一人。
     当然、自分の首根っこを掴み、押し倒したのは彼女という事になる。
    「ちょっ…委員長どうしたんだよ急に!?」
    「今月号は私達出番ないの。それがどういう事か分かる?」
    「出番って…?」
     突然意味不明の言葉を聞かされて、頭が混乱する。
     今月号? 出番? 彼女は一体何を言っているんだろう?
     唯一、彼が理解したのは頭上のふみつきが興奮しているような、追い詰められたような表情でこちらを見下ろしている事だけ。
     …パンツ一丁にワイシャツを羽織ったような格好はこの際無視しておく。
    「つ・ま・り♪ 先生たちがカラオケで作者の年齢がバレそうな歌を歌いまくっている間に、私達は…ね?」
    「待ってよ委員長。なんかキャラ変わってる…!」
    「変わってなんかいないよ。私、本当は突っ走ったら止まらないタイプだもん。ねぇ……試して、みてよ?」
     はだけたワイシャツを更に広げて、迫るふみつき。
     間違っても「委員長って着やせするタイプだよねー」とは言われなさそうな胸が、水玉模様の子供っぽい下着を湿らせている女陰が、ススムの身体にのしかかる。
     あらゆる意味での理不尽さに抗う事も出来ず、
    「何でこうなるんだーーー!?」
     彼は断末魔の悲鳴をあげるしか出来なかった。
    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/06/06(金) 11:47:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/21-1234d0bc
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-22.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-20.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。