FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-24.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-22.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/06/13(金) 12:24:00
    469 名前:134/本当はこんな事やってる時間無いのに[sage] 投稿日:03/06/13(金) 12:24 ID:Cg9Lbetw
    >>464-466
    「ハァ、ハァ…むつきママぁ……!」
    「アっ、良いですよ。そのまま、そのまま来て下さい…ッ!」
     意中の相手と結ばれたというのに、少年の心は暗澹たる思いを抱いていた。
     理由は単純。
     むつきが処女でなかったという唯それだけのこと。
     しかし、彼女に母性と清らかさを、更に言ってしまえばそれを一番に摘み取る事を求めていた少年にとって、その生臭い事実はこの上もない悲劇だった。
    「…ァッ! …っ…んんン……ン~~~♪」
     唇に舌を絡ませる―――この唇を最初に重ねたのは何時だったのか。
     首筋から胸元にかけて痕を残す―――その肢体を晒したのは何処なのか。
     その熱と締め付けに声を漏らしながら懸命に腰を振る―――そして、彼女を“女”としたのは誰だったのか。
     疑問は尽きず、彼を苛む。
    「むつきママ、愛してるよッ、愛してるよぉぉぉ…!」
     自分勝手なのは分かっている。
     この願望が幼稚じみたものだというのも理解している。
     けれど、むつきの“初めて”が自分でなかった事が堪らなく悔しい。
     自分より先に彼女を抱き、よがらせ、イカせた男が憎い。
    「ゥ、クゥゥン…、むつきも、むつきも貴方のコト……ぁ、あああ………ッッッ!!」
     そのコンプレックスは皮肉にも少年に力を与え、彼女を確実に絶頂へと導いている。
     今この瞬間、一文字むつきは確実に彼のモノとなっている。
     …にも拘わらず、少年のココロは未だ晴れないままとなっていた。
    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/06/13(金) 12:24:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/23-c454b569
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-24.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-22.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。