FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-31.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-29.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/06/26(木) 01:05:00
    556 名前:134/自分で書いておいてなんですが[sage] 投稿日:03/06/26(木) 01:05 ID:atbCAD+/
     ―――あの日、あの時。
     この家に五人のママ達が来てから、どれくらいの月日が経っただろうか?
     十数年ぶりに味わった家族団らん。
     他の先生や生徒の目をごまかしながらの学校生活。
     他にも様々な出来事があったけど、過ぎ去った今ではどれも充実した毎日。
     ボクはその中でママ達からいろんなものを教わり、与えられて成長する事ができた。
     だからボクは―――。

    「アっ…、駄目、赤ちゃんがァ、ハァッ…暴れ、ちゃいます…」
     むつきママは、大きなお腹を揺らしながらボクの突きを一身に受けていた。
     ソファの上で力なく寝そべり、それでいて股座は目一杯開いてペニスを咥え込んで離さない。
     あくまでもゆっくりと刺激を与えているせいか、言葉に反して満更でもない顔もしている。
     出会った頃から一つの布団で寝る事に躊躇はしてなかったけど、昔と比べると随分な変わりようだ。
    「…変わったのはお互い様です」
    「うわぁっ! きさらぎママ」
    「血が繋がってないとはいえ、ママに懸想するようになって」
    「一つ屋根の下で五人全員と関係持っちゃって」
    「挙句、五人とも孕ませたとあっちゃあ、笑うしかないぜ」
    「やよいママ、うづきママ、さつきママ!?」
     ボク達の背後にはいつの間にか残りのママ達が立っていた。
     むつきママ同様、お腹は大きく膨れ上がっており、四者四様のマタニティードレスを身に纏っている。

    557 名前:134/かなり頭の痛くなる内容ですね[sage] 投稿日:03/06/26(木) 01:08 ID:atbCAD+/
    「アハハ…いやぁ、ボクもママ達がまさか、本当のママになってくれるなんて思ってもみなかったなーなんて思っちゃったりなんかして」
     ママ達の言うとおり、ボクは彼女達を教師や母親としてだけでなく、一人の女性としても愛するようになっていた。
     問題はどのママも魅力的で、五人ともボクを受け入れてくれた事、そしてその際の選択肢をボクが見誤った事にある。
     普通なら誰かが愛想を尽かしたり、家族関係自体が解消に陥るところだけど、ところがどっこいママ達との新しい関係は問題なく続き、今に至っている。
    「赤ちゃんが生まれた後も暫くは、この家で過ごすことになるでしょうけど、その後は離れ離れでしょうね」
    「じゃあボクちゃんは誰と一緒に暮らす事になるの?」
    「五人平等の精神ならば、少なくとも婚姻関係は結べないでしょうね…」
    「ヘタすると、母一人子一人の生活か…。まぁ、覚悟はしてたけど」
     この関係の凄い所は、ママ達五人の妊娠が発覚した時、ボクを含め誰一人として中絶は考えなかったことにある。
     爛れた関係もここまで来れば見事なものだと、我ながら思ってしまう。


    558 名前:134/一応551を受けての小ネタです[sage] 投稿日:03/06/26(木) 01:09 ID:atbCAD+/
    「それでしたら、皆でマンションの部屋を借りませんか? 五つ空き部屋があれば、ずっと一緒にいられますよ」
    「おお、むつきママそれ良いね! それじゃ今の内に物件を探しておかないと」
    「オマエなぁ……ま、いっか。ここまで来て離れ離れは嫌だしな」
    「うづきねぇ、子供がおっきくなったらセーラー戦士のコスプレさせるんだぁ。コミケでやればきっと注目の的だよ」
    「あ、それだったら戦隊モノの方がまだ現実的だろ? 男か女かまだ分からないんだし」
    「二人とも…子供をオモチャにしないで下さい」
     その前途は限りなく困難だろう。
     ボクらに向けられる世間の目は想像以上に厳しいかもしれない。
     でも、ボクらなら、ボクとママ達ならば、そんな障害もきっとアッサリと越えて行けるだろう。
     なんたって、ママ達は限りない愛でボクを、子供達を包み込んでいてくれるんだから。
     そしてボクも負けないくらいにママ達を、子供達を守ってみせるから。
    「そ・れ・よ・り・もォ、今日は私と寝る約束だったでしょ? 早く部屋まで行きましょ。」
    「あ~ん、駄目です、やよいさん! むつきがまだイッてません。お願いですから、もう一寸だけ待ってくれませんか」
    「あ、ゴメン。もう三回目射精しちゃってるからドリンク飲ませて」
     …まぁ、当面の所、ママ達をいかに無駄なく満足させられるかと言うか、僕が腹上死しないで済むかが問題になっているんだけど。
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/06/26(木) 01:05:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/30-43631361
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-31.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-29.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。