FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-40.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-38.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/07/26(土) 07:05:00
    787 名前:134/リハビリ、というか習作[sage] 投稿日:03/07/26(土) 07:05 ID:SmEdZmVD
    「アン…まことちゃん、そこ、もっと優しくして…!」
    「これでも優しくしているんだから、我慢してよ」
     ソコに手を伸ばした時、手の震えが止まらなかった。
     クリームを付けた指先が触れるたび心臓がバクバクと高鳴った。
     なにせ年頃の女性(見た目年下の女の子)がお尻を丸出しにしているのだ。
     動揺するなと言う方が無理な注文だろう。
     オマケに触れた時に上げる声がいちいち艶かしく、集中できそうにない。
    「…ッ、イタっ! 痛いよぉ…」
     まさに桃としか形容しようのない形状、日に焼けた周りの部位とは対照的な白さ、そのところどころに出来た赤い擦り傷。
     それらが俺にはこの上もなく眩しかった。
     もっと言ってしまえば、狼になってしまいそうで堪らなかった。
     でも、そんなコトをする訳にはいかない。
     いや『人を襲うな』というのは当たり前の話なんだけど、俺の場合はちょっと違う。
     だって、彼女は―――俺のママなんだから。
    「ホラ、うづきママ。もう終わったからパンツ穿いていいよ。まったく、いい年してプールで擦りむくなんて…」
    「あーっ、ひっどーい! レディに対して歳の話は厳禁なんだよ!? もぅ、そんな悪い子には一緒に遊んであげないんだから」
    「ああ、ゴメンゴメン。お願いだから機嫌直して」
     両親を亡くした俺の元にやってきたのは、一人の天使。
     実際はただのコスプレ好きな美術教師だったんだけど、出会った時、抱きしめてくれた時のうづきママは、まさにそんな感じだった。
     子供っぽくて、よく泣いたり笑ったりするけど、俺にとっては立派なママだ。
     だから俺は、うづきママに対して変な気持ちを持っちゃいけない。
     持っちゃいけないのに―――、
    「…やっぱりまだ痛い。もうヤダー、うづきノーパンでいるー!」
    「わーっ、そんな所でまた脱がないでよ。ほらパンツここに置いてかないでっ」
     ―――その当人は、俺を振り回してばっかりだ。
     後ろからよく抱き付いてくるし、風呂場に乱入してくるし、ベッドで一緒になって寝ちゃうし…。
     俺のこと、ゼッタイ男として見てないよ、この人。
    「…まったく、子供じゃないんだから」
     本当に、子供じゃないんだから。
     だから、これ以上俺を惑わすような事はしないでくれよ、うづきママ。
    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/07/26(土) 07:05:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/39-eaf2cf35
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-40.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-38.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。