FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-2.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-43.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/08/13(水) 17:12:00
    934 名前:134/有象無象の区別なく[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:12 ID:Pv76OoJ4
     背後からドアの開く音がする。
     この保健室は学校の喧騒から隔絶されているが故に、些細な軋みでも聞き逃しようのない空間となっている。
     その空間の主、三世院やよいは振り返る瞬間、顔を保険医としてのソレに作り変えていた。
    「…あら、今日はどうしたの? 二人一緒に来るなんて」
    「あー、実はちょっと」
    「その…今日は相談したい事がありまして」
     しかし、その条件反射は半分無意味だった様だ。
     対峙する相手は有坂ススムと七転ふみつき。
     表情から察するに"家では"相談しにくい内容らしい。
    「今日はもう早仕舞いかしらね」
     特製のプレートをテーブルから取り出し、やよいはドアへ向かった。


    「委員長、もうオレ、俺……!」
    「ヤッ、有坂くん、そんな…私達、まだ高校生なんだよ? それに入れるなら、もっと優しくして。私、初めてなんだから…」
    「いや、その……ゴメン、委員長。それじゃ…ここ、かな?」
    「違うっ、そこじゃない…ッ! イタい、痛いよぉ!」
    「ああーっ、もうどうしたら!」


    「なるほど…つまり初体験で失敗しちゃいました、と」
    「うん、まぁ、そんな所」
    「私も我慢はしているんですけど、どうしても痛みに耐え切れなくて…」
     自身の性体験を母親に告白する息子とガールフレンドの図は、かなりシュールではあったが、それでもやよいは保険医としてその悩みを真剣に聞いていた。
     他人に私的な悩みを打ち明けるという行為は、意外と難しい事なのだ。
     ましてや多感な時期である中高生ともなると、どんな些細な事でも『枷』となりやすい。

    935 名前:134/私の弾頭は許しはしないわ[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:18 ID:Pv76OoJ4
    「…本来、痛みは耐えるものじゃないんだけどね。ちゃんと前戯はやってるの?」
    「え、何それ?」
     …ただ、やはり母親として情けなくなってくるのは否めない。
     性交のHow toは"どちらの"領分なのか半ば本気で考えながら、やよいは説明する事にした。
    「あのね、ススム? セックスはね、ちゃんと前準備をしておかないと、女の子にはただの苦痛にしかならないの。女の子だって、するなら気持ちいい方がいいでしょ? せっかくだから実地で説明するわ。七転さん、付き合ってくれる?」
    「え? ハァ…」
     三人はパーテーションで仕切られた場所へと入り、ふみつきはベッドの上に座らされた。
    「それじゃ七転さん、リラックスしてね」
    「ハ、ハイ…」
     白衣を脱ぎ捨て、やよいもベッドの上に乗り出した。
     そして、ふみつきの背後に回り込むと、いきなりスカートを捲りだした。
     所在無さげにしているしかなかったススムの姿勢は、自然と前かがみになる。
    「ヤダッ、有坂くんチョットこっち見ないでよぉっ!」
    「あ、いや、こんな状態で見るなと言う方が酷なんじゃ…」
    「ススムにはこのまま私のする事を見ていてもらうわ。その為に私がお手本を示すんだから」
    「お手本って…ひゃっ」
     ふみつきの股間にやよいの手が伸びた。
     その細い指先で水玉模様のショーツを下からなぞり上げると、その瞬間だけ凹凸のラインが見えてくる。
    「あっ…ゃっ……先生、何してるんですかァっ!」
    「人によるでしょうけど、まずはこんな所かしら。どう、気持ちいい?」
    「こ、こんなの、別に気持ちよくなんか…ふぁァ!」
    「フフ…身体まで意地っ張りじゃなくて良かったわ。どう、ススム、ちゃんと見てる?」
    「エ!? うん、ちゃんと見てるよ…」


    936 名前:134/堕ちろ[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:22 ID:Pv76OoJ4
     ススムはやよいに言われるまでもなく、目の前で展開されているレズシーンの一挙一動を観察していた。
     丸見えになったふみつきの太股、下着、そしてその先にあるであろう性器etc…。
     それらの場所を這う指の動きは機械のように正確。それでいて、しなやかで躍動感に溢れている。
     ふみつきの身体はそれに合わせてビクンッと震え、喉からは妖しい声を漏らしている。
     そう、何よりも見物なのは、彼女の喘ぎだ。
     クラスでもお堅いと評判のふみつきが、先生の指先ひとつで変な声を上げているのだ。
     これが凄くなければ何が凄いと言うのだろうか。
     彼はもはや瞬き一つせずに、スカートの中を覗き込んでいた。
    「…ァァッ、ダメ、先生、そんな所まで触らないで……!」
     やよいの手がショーツの中に潜り込み、直接ふみつきの秘所をまさぐる。
     少女の股間が異物で膨らんでいる様は十分刺激的だが、これではやよいが何処をどういう風に弄っているか分からない。
     それを察したのか、やよいはふみつきのショーツに手をかけ一気にずり下ろした。
    「よく見ておきなさい、女の子はココが特に感じる場所だから」
    「…! やだやだぁ、見ないでよぉっ!」
     "初めてのとき"に見たことのある秘所。
     大股で開かれたソコは縦にパックリと割れており、桃色の肉を白日の下に晒している。
     やよいはその中でも上方に位置する小さな突起物を摘まみ、音が鳴るくらいに擦りあげた。
     すると全身がさっきよりも大きく震え、スプリングのように跳ね上がる。
     彼女の言葉に偽りは無く、確かにその部分を責められたふみつきは反応が段違いだった。


    937 名前:134/堕ちろ[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:23 ID:Pv76OoJ4
    「駄目です、先生…もうこれ以上は」
    「そうね、場所が場所だから手早く済ませないと。じゃあ次はススムに舐めさせちゃいましょう」
    「いぃ!? ナ、ナ、ナナ舐めるの!?」
    「そんな、汚いですよぉ!」
    「毎日お風呂には入っているんでしょ? 見た所、性病にもかかっていないし大丈夫よ。ススム、ゆっくり優しく、ね」
    「は、ハァ…委員長それじゃゴメンよ」
    「うっ…、もうォォォ……ッ!」
     ススムは一度喉を鳴らしてから、顔を近づけた。
     先生にしてママが見守る中、女性の股間に顔を近づけるという異様な行為はただならぬプレッシャーを彼に与える。
     そんな中、恐る恐る舌を突き出すと、やがてはソコにたどり着く。
     最初は熱い圧迫感。
     次に、しょっぱいような、酸っぱいような風味。
     それが、ススムの感じたふみつきの味だった。
    「あっ………!!」
     一度、ふみつきの股間がススムの口元を打ち据える。
     見ているだけだった時とは違い、彼女の震えがより大きく肌で感じられる。
     他にも、放出される熱気、流れる液体、微妙な肉の動きがススムの舌を通して伝わってくる。
     それらを含めての初クンニは、ススムにとって悪いものではなかった。
    「……っ、……ぅっ、……ぅンッ!」
    「ここも揉んであげると気持ちいいのよ。その際もゆっくり、優しくが基本ね」
     一方で、やよいはふみつきの背後から乳房を鷲掴みにして揉んでいた。
     言葉通りに揉み回すその手つきは確かに効果的で、ふみつきの顔は羞恥とほのかな快感で赤く染まっている。
    「中に舌を差し込むというのもアリよ。中が狭いから疲れるでしょうけど」
    「……ハァ、……ハァ、こ、こう…?」
    「…はぅぅぅ、………ぅぅぅうッ!」
     ふみつきはと言えば、下半身と上半身を彼氏とその母親に責められるという状況に困惑して、もう口答えも出来なくなりつつあった。
     彼らから受ける愛撫―――主にやよいが中心だが―――は確かに気持ちいい。
     気持ちいいと感じてはいるが、持って生まれたプライドはそう簡単には崩れない。
     そのせめぎ合いを突き崩すには、快感がプライドを上回ってくれるか、あるいは―――、

    938 名前:134/堕ちろ![sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:24 ID:Pv76OoJ4
    「お、お願い先生ぇ、有坂くん…。私、もう……!」
     プライドを自らの手で手折るしかない。
     ふみつきは早くも瞳を潤ませ、息を荒げて相手を誘っていた。
    「ほら、ススム」
    「……うん」
     その誘いに乗ってか、やよいに促されたからか、ススムはズボンのチャックを下ろす。
     開かれた社会の窓からは、ギンギンに硬化したペニス。
     先程までの愛撫でこちらも準備万端だったのだろう。皮は剥け、汁が漏れている。
     決して見た事がない筈は無いのに、ふみつきは恐怖とも羨望ともつかぬまなざしでソレを見ていた。
    「それじゃいくよ、委員長」
    「うん…」
     指で広げられた陰唇に反り返ったモノが押し当てられる。
     ススムは一呼吸置いて、ふみつきの中を突き進んだ。
    「ううっ……ク、……ぁあぁぁぁァッ!!」
     前準備が整ったとはいえ、ふみつきの膣が広くなったわけではない。
     力押し&愛液の助けで入り込むペニス、抗するかのように圧迫する秘唇。
     "初めてのとき"と変わらぬ狭苦しさにススムとふみつきは苦悶の声を上げている。
    「イタイイタイ! 先生、やっぱり痛いです…!」
    「くっ……やよいママ、コレどうしたら!?」
     二人は同時にやよいに助けを求めている。
     やはり身体の相性が悪かったのか。
     これについては、愛が長続きすれば、時間が解決してくれるだろう。
     しかし、今はその時間が無い。
     では、この場で解決できる方法は……。
    「仕方ないわねぇ……それじゃ」
     やよいは二人の性交を一旦やめさせると、衣服を脱ぎ始めた。
     ベッド下の籠には既に脱いである白衣はもちろんの事、シャツ、スカート、ストッキング、ブラジャー、ショーツが次々と積み重なってゆく。
     そのストリップめいた光景に、二人の男女は口をあけて見ているしか―――しかし、ススムが一度大きく"反応"するのをふみつきは見逃していない―――なかった。
     一糸纏わぬ状態になると、やよいは再びベッドの上で座り込む。

    939 名前:134/堕ちて[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:27 ID:Pv76OoJ4
    「受け入れ自体は私がするから、ふみつきさんは上に乗って」
    「ハイ?」
    「とりあえず、まずは雰囲気だけでも味わうの。ススムと私で、ふみつきさんを挟み込む形でね」
    「えぇーーーッ!?」
     ススムは、ここが校内である事も忘れて驚きの声を上げた。
     『セックスをガールフレンドと(義理ではあるが)ママで一緒に。しかも学校の中で』。
     そのようなシチュエーションを、彼は見た事も聞いた事もなかったからだ。
     普通の青少年からすればナンセンス、あるいは不条理以外の何者でもないだろう。
    「…ハッ!」
     反射的に身構えながら、ふみつきの方へ向き直る。
     あんな話を聞かされて彼女が黙っているとは思えない。
     むしろ怒りゲージMAXの大技が自分に放たれていても、おかしくはない。
    「分かりました。お願いします、先生」
    「委員長!?」
    「正直に言うとね、私、有坂くんとコウイウ事するの不安で仕方なかったの。でも、三世院先生も一緒なら、大丈夫だと思うの。…そんな、気がする」
     …が、当のふみつきは顔を紅潮させてはいても、怒る素振りを見せていなかった。
     そして、ススムにそう話した後に、彼女はやよいの胸の中へ身をゆだねた。
     この様子だと本当にやよいを信頼しているのだろう。
     ススムがたとえ何と言おうとも、あるいは彼も応じると踏んでいるのか、仕草に躊躇いも迷いもなかった。
    「…もう、どうにでもして」
     目前には、折り重なった全裸の女が二人。
     重ねて説明するならば、相手は同級生とママ先生。
     自分を見つめる二つの視線も、絡み合う脚部も、密着して形の歪んだ乳房や秘所も、それ単体が見せる以上の怪しさを醸し出している。
     この異常としか言いようのないシチュエーションにあっても、分身はその勢いを衰えさせる事はない。むしろ増大している。
     ススムは、自分の意外なほどの節操の無さにあきれ果てながらも、前へと歩を進めた。

    940 名前:134/滅びろ!![sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:28 ID:Pv76OoJ4
    「さぁススム、行くわよ」
    「やよいママ……。あっ、うぅ……ッ」
     やよいがススム自身を掴んだ先には、ふみつき以上に色の濃い秘所が口を開いて待っていた。
     ソレがゆっくりと飲み込まれると、暖かでゆったりとした感触がススムを襲う。
     気のせいか襞の動きや愛液の感覚まで微細に伝わってくるようで、その心地良さが初体験で失敗した彼にとっては堪らなかった。
    「じゃあ次は七転さんね」
    「…はい。んっ、んンッ!」
    「うわっ、委員長ちょっと」
     次いでススムとやよいの接合部、その境目をまたぐようにふみつきの秘所が圧し掛かる。
     ふみつきは彼の逞しさを直接的に、ススムは彼女のイヤラシさを間接的に。
     位置を探るのに手間取りながらも、徐々に寄せ、すり合わせることで二人の姿勢は整ってゆく。
    「…ちょっと有坂くん、そんなに、動かないで。まだ場所が…、あっ!」
    「ボ、俺だって、ちゃんとやってる…ッ。くっ、やよいママ、コレ何とかならない? 中のアレで変になっちゃいそうなんだけど……!」
    「んフッ…そればっかりは、ススムが頑張って耐えないとね……ッ。ホラッ、早漏は嫌われるわよアンッ、ウウッ、ゥゥン!」
     そうやっていく内に、姿勢制御はいつしか本番へと入った。
     ススムがやよいの膣内を突く傍らで、ふみつきは陰核を彼のペニスに擦りつけ、更にやよいが快感にわななく彼女を抱き止める。
     文字通りの『三位一体』が、そこにはあった。


    941 名前:134/…なーんちゃって。[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:29 ID:Pv76OoJ4
    「ハァ、ハァ、い、委員長…」
    「あっ、そこ……ヤァ!」
     ふみつきの脇から手が伸びる。
     彼女よりも少しだけ大きな彼の手が、遠慮なく乳房に掴みかかっている。
     以前した時はその荒々しさに顔をしかめたが、今は違っていた。
     やよいの手解きがあったとはいえ、ススムが上達したのが理由ではないだろう。
     恐らくは、自分と彼だけじゃないから。
     包み込んでいるものが、そこにあるから。
    「…ぁん、先生ぇ、あっ、アリ…有坂くんが、私のこと苛めますぅ…!」
    「フフッ、しょうがないわね……! ススムには、私が…アッ、後でキツク叱ってあげるから、ァァァン…!」
    「あ゛あ゛ッ! 委員長何だよソレ!? そんなコト言うんだったら、こっちにだって考えがあるんだっ。どうだ、コノッ、コノッ!」
    「ヤァッ、そんなにされちゃったら私、私ィぃぃっ……!!」
     ススムの突きは一層激しくなり、それが結果的に二人を更によがらせる結果となる。
     ふみつきの陰唇は熱く擦られ、やよいの膣内は激しく責められ。
     そうやって、ススムとふみつき、そしてやよいは労せずして異性の身体を味わって息を荒げ、上り詰める。
     ―――三位一体を通り越して溶け合うまでに。
    「駄目、ダメぇッ! これ以上は…もう!」
    「ふみつきさん…、イっていいのよ!? 女の子だってはしたなくったって良いの! だから……一緒にイきましょ!」
    「ふァぁぁ! 先生、先生ェェェェ…!!」
     精子を中と外にブチ撒けられ震える二人は、顔立ちこそ似ていないものの、一組の親子に見えないことも無かった。

    942 名前:134/スレタイは【どうして】【閑古鳥】で[sage] 投稿日:03/08/13(水) 17:33 ID:Pv76OoJ4
    「三世院先生、今日はどうもありがとうございました」
    「いいえ、私も途中から楽しんでるだけだったし、こんなので良かったらまた相談してね」
     後処理を済ませて着替えると、窓の外は紺色に近かった。
     これ以上留まっていれば、校内関係者の不審を買うだろう。
     それを避けるためにも、三人(内二人は住所が同じでありながら)は校門前で別れようとしていた。
    「それじゃあ、私はこれで。それと、有坂くん……」
     ススムの耳元でふみつきが何事か囁くと、パッと離れ、走り去っていった。
     時間にして数秒足らず。
     その顔がどうしようもなく赤いことを考えると、やよいにはその若さが眩しかった。
    「アラアラ、」
    「…違う」
    「何よ、今更否定しなくったっていいじゃない? お付き合いはもう親公認なんだし」
    「『次にする時も三世院先生と一緒に来て。今度は保健室じゃなくてホテルでね』だって」
    「…………」
    「…家に帰ったら、また相談して良いかな?」
     ただ、その若さがこれからどういう形に向かうのか。
     それだけは年長者であるやよいでも予測しようがなかった。
    スポンサーサイト
    [PR]

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/08/13(水) 17:12:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/44-967c2536
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-2.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-43.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。