FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-51.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-49.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/08/26(火) 19:45:00
    117 名前:ヤング2ちゃんねるより抜粋[sage] 投稿日:03/08/26(火) 19:45 ID:Vc2YuhL7
    「もう駄目だよ。諦めてきさらぎママ」
    僕はきさらぎママの太ももを大きく開かせ、がっちりと押さえつけた。
    「やっ・・やぁっ!やめて・・くださいっ!」
    さすがのきさらぎママでも、自分がこれから何をされるのかはわかったらしく、
    体を必死にゆすって抵抗する。しかしそれはかえって僕の嗜虐心を刺激しただけだった。
    「それじゃきさらぎママのバージン、頂かせてもらうね」
    既にはちきれそうになっているペニスをきさらぎママの大事な部分に押し当てる。
    「だっ・・・だめですっ」
    きさらぎママが叫ぶと同時に、僕はじゅぶりじゅぶりと肉棒を埋め込んでいく。
    ほどなく処女膜にぶつかった。
    「いっ痛いっ!抜いてくださいっ!」
    きさらぎママが何かを叫んだようだったが、僕は全く気にせずにきさらぎママが今まで
    ずっと大切に守り続けていたものを突き破った。
    「ひっひぐぅっっっ!!」
    ブチブチッと音をたてて、僕のペニスはきさらぎママの奥まで入り込んでいた。見れば
    結合部分から血が流れでている。僕は遂にきさらぎママの処女を奪ったのだ。
    スポンサーサイト
    [PR]

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/08/26(火) 19:45:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/50-ea186717
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-51.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-49.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。