FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-52.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-50.html

[PR] [PR]


  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/08/30(土) 17:06:00
    123 名前:60うづき[sage] 投稿日:03/08/30(土) 17:06 ID:dOaQV7w1
    →2

    「ごめん・・みな」
    「え・・?」
    次の瞬間、チトセはみなをはねのけて、ドアに向かって走り出していた。
    「お兄ちゃぁんっ!」
    背後でみなの悲痛な叫びが聞こえた。しかしチトセはそれを振り切ってドアを開けて・・・
    どすっ
    「・・・は?」
    何か鈍い音が聞こえた。そう、まるで肉の塊に包丁を突きたてたような。
    くるりと首を後ろに廻すと・・
    「あ・・・あああ・・」
    「お兄ちゃん、逃がさないよ」
    どこに隠し持っていたのか、小ぶりの果物ナイフをみなが背中に突き立てていた。
    「言ったでしょう?お兄ちゃんは誰にも渡さないって・・」
    ぐりっぐりっとナイフをより深く突きたてながら、みなが無表情のまま言った。
    ようやくやってきた強烈な痛みが、チトセの脳天に突き刺さる。
    「ぐっ・・・がっ・・がっ」
    声にならない悲鳴をあげて、チトセは床に倒れ伏す。そのはずみでナイフが
    ずるりと抜け置ちた。
    (な、なんじゃこりゃ・・・)
    床にじわじわと広がっていく赤い染みを手ですくって、チトセは呆然とする。
    「安心して。お兄ちゃん。みなもすぐに後を追うからね」
    背後からの声にはっと振り返ろうとした時には既に手遅れだった。刹那、ズンッと
    チトセの首筋にずっしりと重い死が叩き込まれた。
    (・・・・が)
    プツンと音がして、チトセの視界は闇に包まれた。

    スポンサーサイト
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/08/30(土) 17:06:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/51-d233a8f2
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-52.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-50.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。