FC2ブログ

[PR] [PR]


スポンサーサイト

  1. 名無しさん@閑古鳥 --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

1GB![ ]



トラックバックは受け付けていません

  1. 閑古鳥の巣 --/--/--(--) --:--:--
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-75.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-73.html

[PR] [PR]


Pure……(1)

  1. 名無しさん@閑古鳥 2003/11/19(水) 14:54:00
    673 名前:『Pure……(1)』1/5[sage] 投稿日:03/11/19(水) 14:54 ID:1V89pMfv
    ----------------------------------------------------------------
    華麗に、そして自由に、大空を舞う天女。
    彼女が身に着けるは、二重(フタエ)の聖なる羽衣。

    汚れなき肌にまとった衣は、地上の民を教え導くための天界の正装。
    首と腰とで結わえた前身(マエミ)の外套は、弱き者を護る戦士の証。

    二重の羽衣は、天女にとって誇りであり、そして己の存在意義であった。
    ----------------------------------------------------------------
    674 名前:『Pure……(1)』2/5[sage] 投稿日:03/11/19(水) 14:56 ID:1V89pMfv
    仁歳チトセの日曜の朝は……率直に言って、あまり早くない。
    「ふあ……あ~ぁ……」
    生あくびをしつつ、のそのそとパジャマ姿のまま廊下を歩くチトセ。
    歩く――と評するのもいかがだろうか。半ば足を引きずりながら進む様は、さながら迷宮の中のスライムだ。
    「おはようございます、チトセさん」
    と、その彼を清潔な紫と白のエプロンドレスが出迎えた。
    「あ……おはよ、むつきママ」
    チトセを擁護するのなら、休日の朝寝も学生の多分に漏れず、と言うべきなのであろうか。
    しかしいずれにせよ、少なくとも勤勉さにおいては彼は、このエプロン姿の女性・一文字むつきとは比較になるまい。

    675 名前:『Pure……(1)』3/5[sage] 投稿日:03/11/19(水) 14:57 ID:1V89pMfv
    彼女の表向きの肩書きはチトセの『担任教師』であった。
    しかしながら、実際には他にも、訳あって知られざる顔をいくつも抱えている。
    今のむつきはチトセの同居人であり、そして『母親』の1人であった。
    仁歳家には合計5人、チトセの『母親』が同居している。ざっと見渡す限り、この時間あたりにいるのはむつき1人のようだ。
    五箇条さつきは日課のランニングに出かけたところで、おそらくしばらく戻っては来ないだろう。
    四天王うづきはきっと、まだチトセ以上の日曜の朝寝をむさぼっているに違いない。
    二ノ舞きさらぎと三世院やよいの2人は……よくわからない。自室に籠もって発明なり鍛錬なりしているのではなかろうか。

    779 名前:678 『Pure……(1)』第2版4/5[sage] 投稿日:03/12/05(金) 15:15 ID:cxUV8n41
    改めて見てみると、むつきは大きな洗濯カゴを両手に抱えていた。その足は洗濯機が置かれている洗面所の方向を向いている。
    「んー……これから洗濯か?」
    「はい。今日は1日、すごくいいお天気だそうですから」
    丸眼鏡の下で糸のように細まった瞳が、心底嬉しいという思いを示している。
    むつきの言う通り、仁歳家の東側の窓からは輝くばかりの朝日が射し込んでいた。もっとも、起き抜けのチトセにとってはいささか目が焼ける感がなくもない。
    「なにしろ、汚れ物がちょっとたまっちゃってますし」
    再び視線をカゴに落とすむつき。
    仁歳家の家事を担う彼女だが、教職との二足の草鞋をはいているため、平日に取れる時間はどうしても限られる。
    まして、洗濯となると雨の日はお手上げだ。そうでなくとも6人分の洗濯物は毎日確実に発生する訳で、同居を開始して以来こうした事態も2、3度起きていた。
    もっとも、その家族6人のうち一番派手に服を汚している人間の1人がチトセである事に疑いはない。下手すると彼に対する皮肉にもなりかねないところだ。
    あるいは、そういった嫌味を感じさせない部分まで全部含めて、むつきの人徳と評すべきなのだろうか。

    780 名前:『Pure……(1)』第2版5/5[sage] 投稿日:03/12/05(金) 15:17 ID:cxUV8n41
    「ふーん。頑張ってな、むつきママ……」
    ……ただし、相手の方には、手伝おうかなどの殊勝な考えはないようだったが。
    生返事をしつつ、チトセはくるりときびすを返した。そのままのろのろ去ろうとする。
    つい先程までは歯でも磨いて来ようかと考えていたのが、気が変わったらしい。一つには、てきぱき働くむつきの隣で歯を磨くというのがあまり愉快な行為ではないというのもある。
    と――その足が、不意に止まった。
    (汚れ……物!?)
    1つの単語が彼の頭の中で乱反射する。
    『演算』は、ほんの数秒で完了したようだ。
    くるりとUターンし、小走りにむつきの元へ駆け寄るチトセ。
    先程まで眠気に曇っていたその瞳は、はっきり焦点が定まり、不吉ささえ感じさせる光を放っていた。
    「なあ、むつきママ!」
    「……はい、何ですか?」
    きょとんとしてむつきが呼びかけに振り返る。
    チトセは片頬だけで、ニヤリと笑みを見せた。
    「その洗濯、ちょっと後に回してもらうぜ!」
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

1GB![ ]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. 閑古鳥の巣 2003/11/19(水) 14:54:00
    この記事のトラックバックURI
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/tb.php/74-d0c15d89
    次の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-75.html
    前の記事
    http://kankodoriwatcher.blog12.fc2.com/blog-entry-73.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。